応用情報技術者について

応用情報技術者について

応用情報技術者資格も他の資格同様に経済産業省の管轄するIT系の国家資格となっています。

名前からも推測できるように基本の情報処理を問題なくこなせ、さらには諸問題にも対応できるほどの知識と技術を身に付けたパソコン・システムのプロフェッショナルと言えます。以前は第一種情報処理技術者資格と呼ばれていました。


この応用情報技術者資格の難易度は高いですが、その分スキルの高さを証明できる国家資格と言うことで、資格取得者には別途手当てや一時金といった報奨金を支給する企業もあり、また、派遣会社からの派遣社員でも時給にすると資格のない人よりは優遇されています。

また、就職や転職や求人の募集時にこの応用情報技術者資格を「優遇資格」としている企業も多くあります。更に、当試験合格者は、中小企業診断士試験と弁理士試験で科目免除が受けられるという特権もあるほどです。


多くの場合、ITパスポート資格のステップアップとしてこの資格が考えられていますが、難易度が高いのでソリューションプロバイダーやソフトウェア開発会社で何年か経験をつんだプログラマーやシステムエンジニアがレベルアップを図るのに受験するのがいいとされています。

試験内容としては、ソフトウェア工学、アルゴリズム、システム構成技術、システム開発、通信ネットワーク、データ構造・データベース、情報セキュリティー、システム評価・・・わからない人には何のことやらさっぱりな文字が並んでいます。


 ●IT・情報処理関連の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト IT・情報処理関連』

 ●IT・情報処理関連以外の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト』