ネットワークエンジニアについて

ネットワークエンジニアについて

ネットワークエンジニアとは、ネットワーク環境全体を構築したり、ルーターの設定・配線や速度パフォーマンスを高める現場の仕事まで、ネットワーク環境をあらゆる面から支える仕事をする人。

パソコンの普及率とともに、ネットワークLAN環境につながるコンピュータも急増中ですので、今後、ますますネットワークエンジニアの業務は重要で求人も増える傾向にあります。


ネットワークエンジニアに必須の資格はありませんが、ネットワークエンジニアの技術と知識をレベル別に認定しているCCNA(シスコ技術者認定)は世界共通・同一基準の資格ですので、世界に目を向けて就職や転職・求人を考えることができますし、充分なスキルを身につけていればフリーのネットワークエンジニアとして自由に働くのも可能です。得意な語学があればそれだけで他の人よりも抜きんでたアピールポイントになります。

一般企業や公共サービスにもネットワークの重要性・関心度が高まる一方なので、それらの設計・運用のためのネットワークエンジニアへの求人ニーズは非常に高くなっています。基本ともいえるシスコ技術者認定資格の取得は知識の技術と証明になるので、企業からの信頼も厚くなります。ネットワークエンジニアを目指すなら、今後必須資格とってくるでしょう。


ネットワークエンジニアのお仕事は、パソコンとそれにつながるOSやサーバー環境、さらにはプリンタの出力環境に精通しておかなければならない職業です。ルーターやサーバーのマシンを使った設定は、豊富な設定・構築の経験がものを言います。

さらには世界共通・同一基準の資格なので語学に少しでも精通していれば外資系の企業も就職・転職・求人を探す際も視野に入れると、高収入な求人がありそうです。


 ●IT・情報処理関連の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト IT・情報処理関連』

 ●IT・情報処理関連以外の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト』