MOS・MOUSについて

MOS・MOUSについて

MOS・MOUSは正式名称をMicrosoft Office User Specialist(マイクロソフト・オフィス・ユーザー・スペシャリスト)と言って、その頭文字をとって2003年まではMOUSと省略して呼ばれていましたが、誤解を招く表記だとして2003年からMOSという略称に変更になりました。

マイクロソフトオフィススペシャリスト資格は、ワードやエクセル、パワーポイントを代表とするマイクロソフト社の総合ソフトMicrosoft Officeの活用能力を認定する全世界共通の資格認定制度となっています。MOSやMOTがマイクロソフト社製品についての認定資格なのに対して、CCNAやCCNPがシスコ社製品、オラクルマスターがオラクル社製品についての世界共通認定資格になります。


検定試験はアプリケーション毎に受験することが可能で、ワードやエクセルの初心者でも毎日使用してさえいれば確実に合格する力がついてくると言われています。そういう意味で資格試験としてはとっかかりやすい検定です。しかも全世界共通の資格認定制度ですから、就職や転職、求人の際に持っている方が確実に有利ですし、外資系企業や海外勤務のある企業でも使える資格です。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は実際にパソコン上でワード、エクセルを操作して解答を導いていく実技試験になります。
Office WordやExcelはスペシャリストレベルとエキスパートレベルに分かれていたり、試験内容や日時、場所についての詳細はオデッセイコミュニケーションズディスク・サービス部マイクロソフトオフィススペシャリスト事務局まで。


注意すべき点は、MOSというのが、マイクロソフト公認の略式名称ではない、という点です。ですので、履歴書に記載する場合は、正式名称であるMicrosoft Office User Specialistと記入し、面接でも正式名称を使うようにすることをおすすめします。


 ●IT・情報処理関連の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト IT・情報処理関連』

 ●IT・情報処理関連以外の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト』