マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)について

マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)について

マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)は、マイクロソフト社が認定する世界共通・同一基準資格です。

世界的認知度の高いマイクロソフト製品やプログラミング言語などの使用スキルを認定する資格であり、マイクロソフト社のサーバーや開発環境、専門製品に関する技術的な知識や、実務能力を評価認定する資格です。その中でもシステムエンジニア、システムインテグレータ、コンサルタント、プログラマ、トレーナーといったシステム関連の技術者を対象とした7種類に区分されています。


世界共通・同一基準の資格ですので、世界に目を向けて就職や転職・求人を考えることができますし、充分なスキルを身につけていればフリーのシステムエンジニアとして自由に働くのも可能です。

また、この資格取得者はMCP(Microsoft Certified Professional)の称号を名乗る事ができ、世界的にもシェアが高いマイクロソフト製品を使用する企業のシステム部門・情報関連企業への就職・転職・求人にとっても有利になります。また、その他の企業だとしてもマイクロソフト製品のプロフェッショナルだとなると就職・転職・求人の際には重宝されるでしょう。国内だけにとどまらず、外資系企業や海外の企業、海外に支店のある企業・・・と求人の幅もぐぐっと拡がります。


マイクロソフト認定プロフェッショナルは、マイクロソフト社の製品に関する知識と能力の証明となる資格で、カテゴリが細かくわけられているので、得意分野の知識と技術によってチャレンジできます。

システムエンジニア・ネットワーク管理者・サポート技術者など、さまざまな職種人に有効な資格で、資格取得後は、最新のマイクロソフト社製品情報の提供を受けたり、同社主催の技術セミナーが無料受講できる特典もあります。


 ●IT・情報処理関連の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト IT・情報処理関連』

 ●IT・情報処理関連以外の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト』