ITパスポートについて

ITパスポートについて

パソコンが一般家庭や個人にまで浸透しているこの時代、就職や転職の際にパソコンスキルを持っていることは当たり前になっています。

ITパスポートとは、情報処理技術者試験の1つとして2009年春の試験から開始された新しい資格試験です。このITパスポート資格も国家資格なので、IT関係の就職や転職、求人先を考えている人にはもってこいの資格ですね。


いままで初級システムアドミニストレータ試験と呼ばれていたものがこのITパスポートと言う名前に変更されて、内容も少し変更されています。

「職業人が共通にそなえておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者」を受験対象としているために初級システムアドミニストレータ試験よりもすこし難易度が低めに設定されているそうです。
パソコンが全くわからない人にとってこういったIT系の資格取得者は神の領域のような存在に見えるようですが、IT系の資格取得者と一口に言ってもピンキリですから、一度その扉を開ける努力をするとあとは色んな可能性が待っています。


何かに特化することで一般の就職・転職・求人先では考えられないようなお仕事が見つかったり、自分で会社を立ち上げてベンチャー企業の社長と呼ばれるのも夢ではない時代です。パソコンやネットに関してはまだまだ成熟しきっていないのが現状です。いまさらパソコン・・・と思わずにまずは少しITパスポート資格試験からかじってみるのがいいかもしれません。
ITパスポート資格の上級資格を取得すれば資格手当が給与に付加される企業もあるみたいで、就職・転職・求人先でも他のひとよりもアピール度がアップするでしょう。


 ●IT・情報処理関連の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト IT・情報処理関連』

 ●IT・情報処理関連以外の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト』