パソコンインストラクターについて

パソコンインストラクターについて

パソコンが一般家庭や個人にまで浸透しているこの時代、就職や転職の際にパソコンスキルを持っていることは当たり前になっています。

パソコン整備士の3級資格取得者(いわゆるパソコン診断士)までの知識がなくても取得が可能な資格がこのパソコンインストラクター。パソコン整備士のような公的な資格とは違い、民間資格なのでこの資格だけに対しての需要があるかと言うとそれほどとは言い難いのが現実ですが、その中でも上位級取得者や特化した知識を持った人は派遣社員や契約社員であろうとどこに行っても重宝されること間違いなしです。


パソコンインストラクターと言っても仕事の中身はさまざまで、シニア世代やパソコン超初心者を対象にした初心者用講師から特定のソフトウェアスキルを教える中級者用講師、そしてプログラミングやネットワークを教える上級者用講師と大きく分けられます。

マウスの動かし方やコピー&ペースト、キーボードのタイピングを教えるくらいならパソコンを日常的に使用している人であれば初心者用講師は大丈夫。その代わりに就職口も狭く低収入となってきます。就職や転職に有利になるのは次の中級者用講師以上の知識が必要になるでしょう。ワードやエクセル、パワーポイントといったOffice製品の操作やホームページ制作ソフトといった特定のソフトウェアのスキルがどれくらいあるかが重要になるかもしれません。
特にプログラミングやネットワーク構築に関する知識を持っていると仕事を選ぶことも可能になるでしょう。


パソコンインストラクター資格をパソコンのスキルアップのために受験する人も増加しているみたいで、腕試しに一度受験してみるのもいいかもしれませんね。
このパソコンインストラクター資格のように民間資格で就職や転職、求人に対して有利だと言われている資格が、マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MOT)やマイクロソフトオフィスユーザースペシャリスト(旧MOUS試験)です。併せて持っておいて損はないでしょうし、今後の就職や転職、求人では必須になるかもしれません。


 ●IT・情報処理関連の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト IT・情報処理関連』

 ●IT・情報処理関連以外の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト』