ITコーディネーターについて

ITコーディネーターについて

今やパソコンは一家に一台というよりも一人に一台持つ時代になってきました。英語が小学校から必須科目とされているこの時代にパソコンの基礎もいつか小学校から必須科目になる時代がやってくるかもしれません。だいぶパソコンが普及してきた現代ですが、普及率に比べてITに関する専門的な知識を持った人はまだまだ少ないのが現状です。

そこで必要とされているのがこのITコーディネーターと呼ばれる人。このITコーディネーターとは経営とITの両面に精通し、企業経営に最適なIT投資をコーディネートする、いわば企業へのIT事業販売のプロフェッショナル。


利用するITユーザーと供給するITベンダーの両方を理解して投資をサポートするのが仕事ですから、その知識たるや半端なものでは務まりません。

具体的な仕事の内容とすると、企業内のシステム構築のアドバイスや指導を行ったり、インターネットを駆使した企業経営戦略プランの作成、自ら作ったシステムが稼動するまでの一連の作業に関する管理・指導を行います。
転職・就職・求人先としては、インターネット専門のコンサルティング会社や、一般企業のインターネット管理課といったところが考えられます。


インターネットやパソコンの知識があり、さらにはその企業の理念や方針、将来性を見据えての経営戦略を立てなければならないので、大変な努力が必要になりますが、一度自分なりのやり方を見つけさえすればトントン拍子に上手くいく可能性が大きいとも言えますね。
ITコーディネーター資格は、インターネットに関する専門的な知識の証明となるため、インターネット関連会社以外への転職・就職・求人の際にも、有力な武器となってくれるでしょう。また、パソコン・インターネットに関する専門的な仕事をしている人がスキルアップのために受験するケースも多い資格です。


 ●IT・情報処理関連の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト IT・情報処理関連』

 ●IT・情報処理関連以外の就職・転職・求人ページなら
         ⇒ ⇒ ⇒  『就職・転職応援サイト』